リンク

HPはこちら
ショップはこちら

2013年10月25日金曜日

移動カフェ制作 Day8

Day7ではついに営業許可を取得しました。

Day8は小物を制作

移動カフェではエスプレッソをメインにします。
エスプレッソを抽出する流れは
1,豆を挽く
2,挽いた粉をポルタフィルターに落とす
3,ポルタフィルターにタンパーという道具で粉を押し固め平らにする
4,マシンにセットし抽出
って感じです。

問題は3のタンパーを使って粉を押し固める所謂タンピング作業。
これは中々力のいる作業で体重を乗せて押し固めます。
体重を乗せるということは、体重を受け止める場所が必要って事。

通常キッチンではシンクを使うので問題ありませんが、車内ではそんな頑丈な場所は
メタルラックがありますが、作業をする高さが合わず使えません。

そこで、これこれ。
排水パイプ君達です。
一番上に来る部分は今まで使っていたので、大きさや使用感は問題ありません。


そのままのグレーではモロ排水パイプとバレてしまうので、まずは塗装。
黒で塗るとそれっぽくなりますね。


組み上がってポルタフィルターを乗せてみるとこんな感じ。
実際は手で持つので水平は取りやすいです。

何もしない時はタンパー(58mm)もそのまま鎮座するという優れ仕様

制作費はしめて1000円くらい。
高さは自分に合わせて切ればいいので、しっかり体重を乗せられるようになりました。
結果腕の力だけに頼らないので、タンピングが楽ちんです。

次はノックボックス。

これは買うと結構お値段が張ります。安くて5000円くらいでしょうか。

移動カフェはスペースが狭いのでノックボックスを置いてしまうと有効活用が出来ません。
しかもフィルターを拭くときに落ちる粉もキャッチしたいのですが、売っているノックボックスは
小さくて出来ません。

そこでDIY。

まず手頃なプラスチックの箱を用意

真ん中より手前に溝を彫る。

 ポルタフィルターで叩いても折れそうにない頑丈なネジを用意

そのままネジにポルタフィルターを叩きつけると傷がついてしまうので、ゴムを購入

組み合わせるとこんな感じ。

ポルタフィルターで叩いてもビクともしません。
実際使うときはゴミ袋を設置しておくと、ゴミ箱、ノックボックスなど汚れ物が全て解決。

我ながら便利です。
移動カフェ以外の店舗でも活用出来ますよ。

これはだいたい1500円くらいでしょう。

最後は看板
 適当な板にマスキングテープを張ります

 そこにPCでプリントアウトした文字をセット

 文字に合わせカッターで切り抜くとマスキングテープが切り取れます。

マスキングテープの上からスプレー
マスキングテープをはがすと綺麗に文字が出来ました。
下のグレー部分は、チョークで書けるようになる塗料を塗りました。




0 件のコメント:

コメントを投稿