リンク

HPはこちら
ショップはこちら

2012年6月21日木曜日

エスプレッソをアップグレード

我が家のエスプレッソ環境は4年ほど前から変わっておりません。
現在保有しているメカは
・エスプレッソマシン ランチリオ社のシルビア
・マッツァーミニ
でほぼ毎日エスプエッソやカプチーノを楽しんでます。

最近、いろいろなカフェでエスプレッソを飲む機会が増え
ニワカにエスプレッソ熱が上がってきたのです。
出来ればエスプレッソマシンを変えたいのですが、高いのですよ。

シルビアは17gしか詰められないので、もっと詰めたいという欲求もあり
以前から気になっていた、VSTフィルターバスケットを調査。
ちなみにフィルターバスケットとは極細に挽いたコーヒーを入れてエスプレッソを抽出する所です。

これが箱


オフィシャルのサイトではランチリオにもOKよ。と書いてあるのです。
が、家のシルビアは家庭用マシン。
付くかどうか心配でしたが、思い切って購入。

届いたらすぐ装着できるか確認ですよ。

これがVSTフィルターバスケット!


写真上がシルビアのポルタフィルター

装着!

見事装着完了

てなわけで何事も無く装着できました。一安心。



写真右が元々ついていたシルビアのフィルターバスケットなのですが、
深さ、底の形状など全然違います。

特に穴はひとつひとつの大きさが小さく、数も多いです。

では実際に抽出してみましょう。

感想はメッチャシビア!
メッシュ(粒度)、詰めるコーヒーの量、タンピング、豆の種類。これらのファクターが
一つでも変わると抽出が大胆に変わります。

僕が普段エスプレッソを飲むときはほぼ毎回豆を帰るので、抽出も当然バラバラ。

ですが、味はいいんですよ!!

前のフィルターでは失敗するとエグ味や渋みが出るのですが、VSTは失敗してもそこそこ
いけちゃう。
しかもうまく行った時はフレーバーは豆のすべてを出し切った的な感じでウマーです。

この小さな部品でこんなに変わるとは驚きですが、皆さんにも是非試してほしいですね。

今回僕はEspressoStoreさんのネットで購入しました。
毎月第一水曜は、パーツの日でなんと20%オフですよ。お買い得。

VSTの詳しい説明はこちらもあわせてご覧ください。

次はタンパーがほすい。。。






0 件のコメント:

コメントを投稿