リンク

HPはこちら
ショップはこちら

2012年4月16日月曜日

メッセージ添付サービス

MW Ko-Hi-ではメッセージ添付サービスを密かに始めました。

お友達やお知り合いの方にコーヒーを送る場合、当店では発送先が指定出来ます。
ですが、そのままでは電話なり、メールなりで相手の方に予め知らせておかないと、
びっくりされてしまうコトもあります。

そこで、当店では注文を頂いたお客様のメッセージ(PDF,およびワード)をメールで
送って頂き、A4(白い紙)にプリントアウトし、コーヒーに入れて発送いたします。

ちょっとした贈り物やお礼などに最適です。

言い忘れましたが、無料ですので、バンバンご利用ください。

ご利用方法などのくわしくは情報はこちらを御覧ください。


2012年4月12日木曜日

深煎りのドリップバック販売開始

唐突ですが、MW Ko-Hi-の発送は2種類お選び頂けます。
・メール便
・宅急便
いずれもヤマト運輸です。

メール便は安く発送出来、嬉しいく、MW Ko-Hi-でもメール便をおすすめしておりますが、制限もございます。
到着まで3,4日かかったり、大きいものが送れなかったり。ラジバンダ○。。。
一番はなんといってもサイズ。
縦横は問題ありませんが、最大の難関は厚さ。
2センチを超えると送れないのです(^_^;)

MW Ko-Hi-はメール便の限界に挑戦をしています。
販売している商品は
・豆
・ドリップバック
・ショットバック
現在は豆以外、深煎りは販売しておりません。
なぜか。それは深煎りは豆の体積が増え、同じg数でも大きくなってしまうからです。

ドリップバックは14g、ショットバックは16gを詰めているので、中煎りでもパンパンでしたが、
この度、深煎りで実験したところ、なんとか深煎りでも発送出来る事がわかったので、販売を
開始いたします。

深煎りには程よい苦味、甘み、コーヒー感が楽しめる商品になっており、砂糖、ミルクとの
愛称もバッチリです。
この機会にゼヒ。簡単ドリップバックを。

1回分(16gの粗挽き)豆が入っているショットバックもオススメ。

MW Ko-Hi-のコーヒーは飲む場所を選びません。
最近宣伝ばかりですね。。。



2012年4月7日土曜日

ダクトを太く

4月2日のオープン前夜、どうしてもやっておかなければならないミッションが。

それはダクト交換。

以前、ディスカバリーの排気をフリーにするシステムを制作しましたが、これは換気扇の
パワーがありすぎ、排気したはずの煙が戻ってきてしまう現象が発生し、
部屋中に煙が充満する自体となっていました。

今回、オープンするに当たり、この排気で使っている70mmにダクトを
150mmに変更しました。


左が150mmで右が70mmにダクト。
面積でいうと4倍以上なので、これで大丈夫でしょう。

排気システムに装着すると

右に出ているのだダクトです。ほぼ換気ファンの系と同じに。

この結果、見事排気が出来るようになりました。
部屋に煙が充満することが無いので、快適です。

が。

まだ冷却系の排気が残ってます。
ディスカバリーは焙煎の排気と冷却の排気が別なのです。メリットとしては冷却しながら
焙煎機を冷やせるので次のバッチを投入するのが早くなるといった所。

冷却の排気口は別のところにあり、しかも向きが違うので、排気システムには統合できていません。

次の課題は冷却系も統合し、ゼロ煙を目指します。






2012年4月2日月曜日

MW Ko-Hi-オープンのお知らせ

本日2012年4月2日 MW Ko-Hi-がオープンしました。

スペシャルティコーヒーに目覚め、専業主夫として家事育児をしながら
焙煎の勉強をし、今日この日を逢えることが出来ました。
ひとえに応援サポートしてくれる家族、友達、お客様のおかげです。
この場をお借りしてお礼を申し上げます。

ネットショップはオープンしましたが、まだまだヒヨッコ。
お客様の意見を取り入れながら”すばらしいコーヒーを多くの人に。しかも簡単に。”
を実現していきたいと考えています。
至らぬ点や改善点など多いと思いますが、貴重なご意見を伺わせてください。