リンク

HPはこちら
ショップはこちら

2012年1月27日金曜日

KAFFE DUOを調査

近所にあるハードオフをブラついてたら、以前から気になっていたコーヒーメーカーが
格安の1200円で売っていたので即ゲットしました。

名前はKAFFE DUOと言い本体と2個のカップが付属しています。

MWKo-Hi-のミッションである”簡単に”を実現するために色々な抽出器具を試しているのですが、
これもその一部。
デザインが良く1杯から2杯までの抽出に限っているところがいいです。

上蓋を外すとタンクとフィルター部分が表れます。
フィルターは紙ではなくパーマネントフィルター繰り返し使えます。

早速湯温を計ってみたところ、MAXで74℃と結構な低温。
不安を抱えつつ抽出してみます。

抽出が始まりました。


抽出が終わり、フィルターを確認すると、抽出出来ていないところがありました。
ですが、その後の調査でこれは台所でやったためコーヒーメーカーが水平になってない
事が原因で、向きを変更するとある程度解消されました。

抽出された液体を見るとペーパーじゃないので油分もしっかり抽出されています。
で、味ですが、やはり抽出温度の低さからくるボディー感のなさ、未発達のフレーバー
となり、残念ながら満足出来るレベルに達しませんでした。

まだ使い始めたばかりなので試験をしていきます。

あとGrand Kaffe Duoというフィルターがゴールドになっている製品もあるらしいので
こちらもハードオフで発掘できたらいいなぁ。と。

今気になってるのは去年のSCAJで展示してあったボダムのコーヒーメーカー
BISTRO。お値段は高いのですが、湯温が調整できる優れもの。
他にもこんなのもボダムは作ってるんですね。


2012年1月11日水曜日

MWKo-Hi-のミッション

MW Ko-Hi-の開業準備をしているのですが、カフェとは大きく違うところは

MWKo-Hi-は抽出した液体の販売では無く、焙煎豆の販売と生業とする(しかもネットショップね)

ということ。

コーヒーは豆をかじるわけではなく、お湯や水で抽出した液体を飲むのが目的。
カフェは抽出した液体を販売するので、カップクオリティー(液体の品質)はベストで
お客様の口へと運ばれます。

それに引き替え、豆販売はお客様に抽出してもらうという手間が必ずかかります。

MW Ko-Hi-のミッションは”すばらしいコーヒーを多くの人に

このミッションをクリアするには、今までコーヒーを楽しんでなかったお客様に
当店のコーヒーを飲んでもらうということ。

ですがそれほどコーヒーにウェイトを置いていないお客様にとって抽出は面倒な作業であり
敬遠されてしまいます。
(以前スペシャルティコーヒーを知らなかった時、自分もインスタントコーヒーを愛飲してました)

しかもその面倒な作業で抽出された液体で当店のコーヒーを判断されてしまう。

これは困ります。

ですので、MW Ko-Hi-のミッションは
すばらしいコーヒーを多くの人に。しかも簡単に。”へ変更します。

今、簡単な抽出を考えているので、出来たらブログにまたのっけますね。


2012年1月5日木曜日

ディスカバリーの煙突交換

2011年の最後の焙煎が終わりディスカバリーの煙突を交換

250グラムと小さな焙煎機なのでステンレスの煙突ではなくアルミ製の蛇腹のやつ

これは中を掃除できるタイプではないので交換します。

蛇腹なので伸ばすことが出来、軽くて便利。しかもディスカバリーの排気口にピッタリ
なんです。

ディスカバリーが2月に我が家にやってきたので約11ヶ月の焙煎で
こんなに汚れました。
これは煙突の出口側。チャフなんかがこびりついてますね。

こっちが焙煎の排気に接続していた側。
なんかフォサーっと付着しています。
煙やらチャフなんかだと思います。

煙突の汚れは味には直接関係ないと思いますが、
・煙の抜けが悪くなる
・引火したらヤバイ
などの理由で交換は必要ですね。

近くにホームセンターで購入した煙突
これが縮んでる状態。

なかはもちろんピッカピカ。

こいつを取り付け新年最初の焙煎。

焙煎結果は。。。
依然とプロファイルを変えたので評価できまでした。
きれいに越したことはありませんね。