リンク

HPはこちら
ショップはこちら

2011年11月9日水曜日

参加型品質ワークショップに参加です

今回で第7回になる参加型品質ワークショップに申し込みました。

参加型品質ワークショップとは同じ生豆をテーマに沿って焙煎し、参加者がブラインドでカッピングし評価をするという会です。
先日したローストマスターズチャンピオンシップは団体戦。
今回のワークショップはテーマがありますがいわば個人戦と言うところでしょうか。

今回のテーマは 甘さ(Sweetness) お店で販売するならこの焙煎

なるほど。ただ甘さを追求した焙煎ではなく、バランスも大事でしょう。

とはいえ、今までの焙煎はテーマを持った焙煎をしたことが無く
生豆を色々なプロファイルで焙煎し一番ウマイ!と感じた焙煎を突き詰めていく方法をとっていました。

まずは今まで一番良かったプロファイルで焙煎をしてどんな豆なのか判断してから、次のプロファイルを考えていきましょうね。

今回の生豆は

使用コーヒー豆 : COSTARICA EL ALBOLITO
エリア : West VAlley, San Miguel Arriba de Grecia
農園 : Al Arbolito de Grecia
品種 : Bourbon
標高 : 1400 masl
プロセス : Washed 100% Sundried















今回の参加者は30人。
11月18日にワークショップが開催されカッピングを行うのですが、一番の不安は30カップも一度に(一日でも)カッピングしたことがないので最後までちゃんと出来るのか?
一杯のサンプルをカッピングすると低血糖(本当か分かりませんよ)みたいになり集中力、判断力が低下してくるのでなんか糖分を補給することも検討しなければ。

味に影響ない接種方法ご存じないですか?

兎に角生豆は本日(11月9日)に到着。
11月16日に必着で焙煎豆を送らないとマズイので時間がありません。
ジャンジャン焼きますかね。

ローストマスターズチャンピオンシップは参加者が分かってたけど、ワークショップは参加者が不明。
いったいどんな人が来るのやら、楽しみです。

0 件のコメント:

コメントを投稿