リンク

HPはこちら
ショップはこちら

2011年8月23日火曜日

コーヒー焙煎の技術って本

コーヒーの焙煎の技術という雑誌が発売されました。


この本には有名な自家焙煎店の秘技でもある焙煎が記載されている画期的な雑誌。

各店の焙煎のポリシーやプロファイル(温度や時間管理など)も丸裸。

僕は自分の焙煎の芯がしっかりするまで読むつもりはなかったのですが、アマゾンで
思わずポチってしまい、手元にあるとどうしてもめくってしまう。

結局読んでしまいました。

ですが、ここに書いてあることはパクっても良い焙煎は出来ません。
やはり焙煎機や豆など環境があってその焙煎が成り立っているのです。

一番良かったのは各店の焙煎は基本バラバラ。みんなやってることが違うんですね。
各店違ってそれぞれうまいコーヒーを作る。

やっぱ、コーヒーは自由なんだな。と改めて思う。

まあ僕の焙煎は有名店のあの店と同じ感じじゃね?って密かに喜んでたりしますがね(^^)


最近ローストマスターズチャンピオンシップに参加してるんですが、そこで焙煎するんですね。
でも、全然秘め事ではなくオープンに焙煎。
昔を知ってるわけではないけれども、多分これ凄いこと。
みんなで技術アップしていこーぜ!って感じ
ステキな精神ですね。僕も見習っていこう。


こんなステキな雑誌を出版してくれた旭出版さん。やるね。あんた。

2011年8月9日火曜日

ローストマスターズチャンピオンシップ2011①

ローストマスターズチャンピオンシップ2011(長いので以下RMC)の第1回目のミーティングに参加してきました。

僕が所属しているのは、かさい珈琲の葛西さんをリーダとする関東Aチームで人数は8人。
その他、北海道、関東B、中部、関西、九州と全部で6チームが参加し9月30日のSCAJで招待審査部門、一般審査部門で順位が決まります。


まずは焙煎士の共通言語カッピング。
葛西さんがサンプルローストしてくれた今回のテーマ豆をカッピング


今まで他の人とカッピングする時は焙煎した豆の表現としてカッピングしていましたが、この日
初めて焙煎の過程や釜だし温度に関してカッピングを行いました。
もうちょっと浅い方が豆のキャラクターが出るだとか
深く焼いた方が全体的にバランスが良くなるだとか。
初めての体験でしたが、基本的な方向は他の参加者の方と同じでホッとしました。

サンプルローストでおおよその方向を決めたらついにスマートロースターの登場

最新の焙煎機はタッチパネルで操作ができます。

かっこいいですね。ピカピカ光ってます。


スマートロースターで焙煎後やることはやはりカッピング。

釜だしの温度を変えたサンプルでカッピングしてさらに詰めていきます。

細かいことはまだお話しできませんが、今回のミーティングで色々判明してきました。
なによりまだ開業前の僕の意見もキチンと聞いて頂きありがたいと同時に
一人の焙煎士として見てくれているんだなぁと感動。

関東Aチームの皆さんありがとうございます。これからも頑張って優勝目指しましょう!