リンク

HPはこちら
ショップはこちら

2011年1月19日水曜日

手網焙煎

ストックしているコーヒーが少なくなってきたのでいつも通りの手網焙煎。



これが手網焙煎機です。
下からガスコンロ、魚を焼く網、銀杏煎りとなってます。
あと風除け。なぜ風除けが必要かというと、焙煎時に出るチャフが問題になるんです。
チャフとはコーヒー豆の周りにある薄皮で焙煎時に豆の種類にもよりますが、結構飛び散ります。
コンロや換気扇なでに付着し家族のヒンシュクを買うので僕は屋外で焙煎しています。
なので風の影響を最小限にするため風除けが必要なのです。
ちなみに洗濯指数が高くなるような強い風の日はコンロの火が安定しないので焙煎はNG。

魚を焼く網はコンロの火が直接豆にあたり焦げてしまうのを防いでいます。

銀杏煎りにアルミを巻いているのは出来るだけ網内の温度を高めるためです。
ネットで調べるとこのアルミを排気としてコントロールしているようですが、僕はあまり
関係ないように思います。煙が出てきた時でもアルミはこのままですが特に出来上がりに
煙臭さを感じません。
それよりも網を振るスピードが大事だと感じています。早く振ればコンロで熱くなった
空気に豆が多く振るのでよりカロリーが与えられ、遅く振ればその逆。
ということはこれが焙煎機の排気ですね。

今日焼いた豆はケニア・ガチャミ農園とグアテマラ サン・カルロス農園です。
グアテマラはCOEですね(気張りました)

焼き上がりのケニア




焼き上がりのグアテマラ。



このグアテマラは焼きムラが少なくできました。これはさすがCOEって事なんでしょうか。
見るからに美味そうです。

焼き上がった豆は焙煎が進まないように急速に冷却するのですが、今回エライ事が。。。


冷却中にこぼしてしまいました。
COEなので慌てて戻しました。アブねー。

ケニア、グアテマラはまだ飲んでいません。これは明日のお楽しみです。
焙煎後すぐに飲んでも味が馴染まないので誤った判断をするかもしれないので、通常は焙煎した
次の日に飲むようにしています。ロースターになったらすぐ飲まないと駄目ですけどね。

スペシャルティコーヒーよこんにちわ

コーヒーは昔から好きだった。

小学校の時から朝食はトーストとコーヒー。
社会人になったらコーヒー好きがエスカレートし、インスタントコーヒーをいっぱい入れ
お湯に溶けきらない上澄みを飲みニコニコしていた。まあコーヒーの1ndウェーブ。

レギュラーコーヒーは喫茶店では飲むが家では飲まなかった。
ドリップで入れてもおいしくない。テレビで淹れ方を放送していたが
同じように入れてもおいしくない。大体ぷわーって豆がふくらまなかった。

その当時はタバコを吸っていたので流行のスタバは入ったことがなかった。
コーヒーにはタバコでしょ。この二つがベストマッチと信じていた。
タバコが吸えないスタバって何よ?コーヒーの香りが損なわれるって何よ?

そうこうしてるうちに子供が生まれたりお小遣い制になったりとでタバコはキッパリとやめた。
そうするとスタバにも大手を振って入れるようになる。そのとき飲んだコーヒーがびっくり。
美味いではないかと。まあその時に飲んだのはラテでしたが。これが僕の2ndウェーブ。

ある時会社の同僚にもらったコーヒー豆(スタバ)を自宅でドリップしてみることに。
あらびっくりで豆は膨らみ、落としたコーヒーが美味い!
コーヒーって豆が違うとこうも違うもんか。と。
この時からコーヒーをスタバで買ってきて土日はドリップする生活が始まりました。
多分2007年位でしたか。

コーヒーに興味が行くとネットで調べ始めますね。当然。
そうするとコーヒーという名刺の前になにやら冠が付いていることを発見。
それは”スペシャルティコーヒー”でした。この頃は”スペシャリティ”じゃねーの?
って。思ったりして。

うお!何美味いの?って感じで取りあえずネットで取り寄せてみるとこれがまた美味い。
そんなこんなで僕が初めてスペシャルティコーヒーに出会いました(3rdウェーブだな)。
きっかけはスタバ。
スタバはコーヒーの伝道師ですな。最近はあまりお世話になっていませんが、感謝してます。
ありがとうスタバ。そしてスペシャルティコーヒーよこんにちわ。

2011年1月17日月曜日

ブログ始め

ブログを書こう。
これから、新たな一歩を踏み出すに当たり色々なことがあると思う。
それらを書いていこう。

まずはコーヒーのビーンズショップのオープンを目標に定めた。
それに向かって行こう!